カードのショッピング枠の現金化は現金化業者を利用していった方がいい、というのは比較的どこの現金化サイトでも言われていることだと思います。

カード会社の監視が厳しくなっているのもありますので、個人で現金化を行っていくのは難しい状態です。

現金化で一番重要なことは、カード会社に見つからないように現金化を行うことです。
そのリスク回避のためにも、現金化業者を利用していった方がいいと言われています。


ただ、絶対に現金化を個人で出来ないという訳ではありません。

以前は、金券などをカードで購入して、それを金券ショップに売って現金に変えていく、という方法が定番でした。
それを個人で行っていたことも多かったようですね。

今も、金券なら換金率も高いですから、購入額と売却額の差が大きく離れることもないと思います。
出来れば金券、商品券、新幹線の回数券などを購入して売りたい所ですが、これらはもうカード会社に目をつけられていますので、現金化には利用しない方がいいかと思います。

他だと、ブランド物のバッグなどは比較的換金率が高いです。

ですが、換金率が高い商品はカード会社に見つかりやすくなりますので、個人で現金化したい時は利用しない方がいいのではないでしょうか。

この際、個人で現金化を行っていければ、現金化業者に払う手数料などが無くなりますし、やろうと思えば換金率100%も不可能ではないそうです。
そういったポイントを重視して、個人で現金を作っていこうとする人も少なくないと思います。


ただ、最初にも書きましたが、カード会社は監視を強化していて、個人で現金化を行うのは難しい状況です。
カード会社に見つかれば、現金を作ることが出来なくなりますし、他にもペナルティが発生します。

現金化を疑われた時点でカードの利用が出来なくなりますし、そのまま疑いを晴らせないといつまでもカードが利用出来ないままになります。


とは言っても、カード会社に現金化が見つかってもカードが利用出来なくなったり、未払いの支払いなどになり、訴えられたりすることはほぼ無いとも言われています。

訴えることも可能な場合もありますが、訴えてしまうとカードの返済が滞ってしまい、カード会社の利益が損なわれます。
そのため、捕まるということはほぼ無いそうですよ。

現金化業者を間に挟んでの現金化も、違法性はありませんので、無理に自分で進めていこうとしないで現金化業者を利用してみてはどうでしょうか。


また、そもそも、この『カードの現金化』の違法性について書いてあるサイトもあります。
先程書いた「カード会社に見つかったり…」というのは違法性というよりは、カード会社の利用規約の問題です。

現金化はやり方によっては、法に触れる可能性もありますが、今の所はグレー行為と言われています。

それでも違法性を訴えているサイトは、消費者金融へと誘導するためだったりもします。

もちろん、サイトの情報を信じて、消費者金融を利用するのもいいですが、手続きや申請が面倒だったり、在籍確認なども必要になりますので面倒に感じたらカードの現金化を行ってみてはどうでしょうか。